客室

  • 予約確認・変更
  • 予約取消
  • 会員登録

  • HOME 
  • › 客室 
  • › 離れ菊の間 別邸特別室
  • 和室
  • 展望風呂付特別室
  • 離れ菊の間別邸特別室

有形文化財に泊まろう

大正浪漫香る別邸特別室“離れ菊の間”

別邸特別室

戦前、日本の総輸出金額の約1割を独占した片倉財閥が美しい諏訪湖のほとりに別荘を建て、この建物はしばしば皇室や宮家のご宿所に供されました。その別荘が現在諏訪湖ホテルの記念館となり、貴賓室としてその後も皇族、宮家のご用命を拝しております。諏訪湖ホテル記念館(昭和3年に建築)

離れ菊の間のプラン一覧はこちら

有形文化財に登録されました

平成23年10月28日に国内の貴重な文化財として、
登録認定されました。

有形文化財に登録されました

離れ菊の間 別邸特別室

当建物は基本的に数奇屋造りですが、VIP ROOMを目的として造られた施設ではないため、
決して見た目には華美なものではありません。
しかし、目立たぬところに贅を尽くしており、いぶし銀のような趣は、ご利用くださる皆様に自然なゆとり、
茶道の“美麗佗び”“市中の山居”の感激を味わっていただけると自信をもっておすすめいたします。

離れ菊の間 別邸特別室

離れ菊の間フォトギャラリーへ

離れ菊の間の特色

菊の間は数奇屋造りを基本とし、主な建築材は北山杉、秋田杉、檜が使用されており、細部については次のような特色を有しています。

  • 部屋数が多い

    部屋数が多い

    合計3部屋あり、
    最大13名様までお泊りいただけます。

  • 部屋が広い

    部屋が広い

    10畳和室の部屋が繋がっており、ご慶弔事にもお使いいただくことができます。

  • 庭を眺めることができる

    庭を眺めることができる

    庭を眺めながら、
    寛ぎのひとときを過ごせます。

  • 庭園

    作庭家小口基實氏監修の庭園は代々高貴な方々の旅の疲れを癒してきました。この庭園は菊の間に宿泊する方だけが愉しめる事ができます。

  • 菊の間専用 総ひのき風呂

    数奇屋造りによる菊の間に隣接する大正の古き良き風情を色濃く残す総ひのき風呂。

迎賓館

全国からシルクの買い付けに来るお客様をお迎えするにあたりふさわしいヴィクトリア調の様式に
シンプルさをくわえた大正ロマンをしのばせる建物です。家具や調度品もお客様のおもてなしを考えた
味わいのある品々をご用意をいたしております。また、皇室の方々や多くの貴族の方々にもしばしば、
お食事を楽しまれた経過がございます。
宿泊プランではご予約できません。

迎賓館

迎賓館フォトギャラリーへ

客室概要

別邸特別室

広さ 洋室(サロン部分=洋室2、ホール1)和室(菊の間=和室2、茶室1、水屋)、檜風呂  ○定員:13人
客室設備 冷暖房完備、液晶テレビ、衛星放送、冷蔵庫、金庫、湯沸しポット、
お茶セット
アメニティ フェイスタオル、バスタオル、シャンプー、リンス、
ボディソープ、浴衣、ドライヤー、歯磨きセット、羽毛布団


最安値保証 7大予約特典

離れ菊の間 おすすめ宿泊プラン

ご宿泊、ご宴会、ご慶忌事、お茶会、パーティーなど
色々な用途にご利用いただけます。

贅沢なお部屋を満喫!仲間同士や、家族3世代でのご利用におすすめです。

ご利用料金 一室100,000円最大13名様までご宿泊可ご利用例 8名様でご利用→1室あたり12,500円 8名様以上がお得!

※9名様以上でご希望の場合はお電話にて承ります。
※土曜日・休前日は15,000円(平日通常27,000円)
※9名以上の場合は1名につき12,500円(土・休前日は15,000円)で宿泊可能(最大13名まで。小学生以上)
※追加人数料金は現地払いとなります。

  • 和室
  • 展望風呂付特別室
  • 離れ菊の間別邸特別室

過ごし方

皇室御用達の別邸有形文化財に泊まる

ページの先頭へ戻る