富岡製糸場

片倉が守り通した世界遺産

1872 年明治政府が近代化政策のもと、主要輸出品である生糸の品質向上と増産を目指して設立した日本で最初の官営模範器械製糸工場です。 明治政府が雇ったフランス人技師ポール・ブリュナの指導のもと、西欧技術と在来技術を結集した建物が作られ、繰糸器などはフランスから輸入されました。現在、明治政府が作った官営工場の中で、ほぼ完全な形で残っているのは富岡製糸場だけとなっています。
富岡製糸場は1893 年に三井家に払い下げられ、その後、1902 年に原合名会社に譲渡、1939 年に片倉工業株式会社に合併されました。第二次世界大戦後は全面的に自動繰糸機を導入し、生産効率を大きく向上させ、高品質な生糸を大量に生産。1987 年まで操業を続けました。その後も片倉の「売らない、貸さない、壊さない」の3 原則のもと管理維持され、2005 年富岡市に建物等を寄贈、2014 年(平成26)には田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴とともに「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されました。

tomioka01.jpg写真提供:片倉工業(株) 撮影者:吉田敬子

tomioka02.jpg

片倉工業㈱

1873年長野県諏訪郡川岸村(現在の岡谷市)で創業。初代片倉兼太郎が洋式器械製糸場を開設するなど事業を拡大し、シルクエンペラーと呼ばれた二代片倉兼太郎の手により急成長し、日本一の製糸会社となり片倉財閥を構築します。その後、ニューヨーク出張所を開設するなど生糸の直輸出を本格的に開始し、大正後期の生糸出荷量は横浜港の25%を占めていました。

昭和に入ってからも、高級生糸“片倉ミノリカワ・ローシルク”が世界的評価を得るなど発展を続け、現在は、繊維事業、医薬品事業、機械関連事業、不動産事業の4つの柱を中心とした事業を展開しています。

tomioka03.jpgtomioka03.jpg富岡製糸場と片倉のあゆみ

富岡製糸場と片倉のあゆみ

世界遺産を守り続けたシルクエンペラー片倉ゆかりの地.jpg

katakurakan.jpg

【片倉館】二代片倉兼太郎が地元の人たちにも温泉、社交、娯楽、文化向上のための施設をと、1928年に作られました。今でも多くの人々に利用されています。

okayasilkmuseum.jpg

【岡谷蚕糸博物館】三代片倉兼太郎が収集した多くの製糸関係資料を収蔵。富岡製糸場で使用された300釜のうち唯一現存する2釜のフランス式繰糸機も展示されています。

BirthplaceofFounderKatakuraKanetaro.jpg

【初代片倉兼太郎生家】現在では珍しい大きな茅葺き屋根が印象的な旧家。築後200年以上経っており、初代、二代はここを住居とし、生糸生産に励み、生糸王国を築き上げました。

OfficeofFormerKatakura.jpg

【旧片倉組事務所】片倉組の事務所として明治43年に建築。片倉組記念碑が残るほか、隣接する倉庫は富岡製糸場と同じフランス積みと呼ばれる珍しい工法で作られています。

TsuruminePark.jpg

鶴峯公園 初代片倉兼太郎像中部日本一のツツジの名所に建つ、片倉の礎を築いた初代片倉兼太郎の像。戦時中に徴収されましたが、市民、八十二銀行、片倉同族の寄付により戦後再建されました。

KurosawaTakajiroStatueinNaritaPark.jpg

【下成田公園 黒澤鷹次郎翁壽像現在の八十二銀行の前身、第十九銀行の頭取黒澤鷹次郎は、二代片倉兼太郎と意気投合し、片倉製糸を側面から援助。諏訪地方の製糸業の発展に多大な貢献をしました。

SuwaCityMuseumofArt.jpg

【諏訪市美術館】昭和18年、三代片倉兼太郎により建てられ、懐古館と称して美術品や蚕糸関係資料を展示していました。昭和25年に諏訪市に寄贈され、現在に至っています。

Mugeiso.jpg

【無藝荘(むげいそう)】映画監督の小津安二郎が、蓼科の別荘として利用していた建物。もとは、片倉家の別荘として他の場所にありましたが、戦後茅野市に売却され移設されました。

ShimosuwainnHonjin.jpg

【下諏訪宿 本陣】皇女和宮や明治天皇もご宿泊された中山道下諏訪宿の本陣。中山道随一と言われる名庭園で知られ、先々代の妹良久は三代片倉兼太郎に嫁いでいます。

kikunoma.jpg

【旧片倉組別邸「菊の間」】片倉組の別荘として建てられた数奇屋造りの建物。その後、皇室や宮家のご宿泊に供され、現在では諏訪湖ホテルの客室として宿泊することができます。

Geihinkan.jpg

【旧片倉組別邸「迎賓館」】全国からシルクの買い付けに来るバイヤーを迎えるために建てられた片倉組の別邸。大正ロマンをしのばせる造りで、現在でも食事やパーティに利用できます。

blank.jpg